ソウルの散歩スポット | 韓国旅行・韓国観光ならワウソウル

ソウルの散歩スポット

韓国に旅行で訪れたら、ショッピングやグルメ、エステなどを満喫される方も多いことでしょう。けれども、少し時間に余裕ができたら散歩していろいろな風景を眺めてみたりするのはいかがでしょうか。街歩きも楽しいですが、河川や公園などを歩くもの新しい発見があるかもしれません。ソウルで気持ち良く散歩してみたい方のためのおすすめのスポットを紹介します。

少し早起きして朝のソウルを散歩してみるのもおすすめです。観光客が最も訪れる明洞(ミョンドン)周辺であれば、韓国初のゴシック建築の明洞聖堂に出かけてもよいでしょう。少し足をのばすなら、清渓川や貞洞ギルもおすすめです。東大門周辺であれば清渓川のほか、ソウル城郭にそって酪山公園へと登って行くのもよいでしょう。江南方面に宿泊の場合は、朝鮮王陵の宣陵・靖陵が朝の早い時間から開場しています。ぜひソウルで朝の散歩を楽しんでみてください。

清渓川

ソウルの中心部を流れる都会のオアシス

清渓川(チョンゲチョン)はソウルの中心部を流れる河川。光化門駅近くの清渓広場から鍾路のオフィス街や東大門ファッションタウンなどを通り、漢江(ハンガン)に流れこみます。清渓広場からは滝のように水が流れこみ、夜になるとライトアップされます。秋には灯祭りが開かれ、世界各国から集まるたくさんの灯籠が秋の街を飾ります。観光やショッピングに疲れたらふと立ち寄り、心地よい風にあたりながら川を散歩してみてはいかがでしょうか。

駱山公園

頂上からの素敵な光景と城郭さんぽが楽しめる公園

酪山公園(ナクサンコンウォン)は大学路近くの駱山にある公園です。標高125mのため、登り坂は少々大変ですが頂上まで登ると素敵な光景が広がります。「パリの恋人」「女の香り」などの映画やドラマのロケ地として話題になりました。公園内の中央広場からはいろいろな展望台へ上がる道があります。駱山(ナクサン)はソウルの城郭ともつながっています。城郭とその後ろに見えるソウル市内を眺めながら歩いてみてはいかがでしょうか。

仙遊島公園

浄水場をリサイクルして造った環境生態公園

仙遊島公園(ソンユドコンウォン)浄水場をリサイクルして造成した環境生態公園です。汝矣島(ヨイド)や弘大(ホンデ)、合井(ハプチョン)にも近く、街の観光に疲れたら立ち寄ってみてもよいでしょう。公園には浄水場で使われた構造物がそのまま残っており、一風変わったスポットです。さまざまな水生植物や生態の森を楽しむことができます。都会の喧騒から抜け出して、植物を眺めながら散歩を楽しんでみてはいかがでしょうか。

貞洞ギル

四季折々の姿がみられるトルダムギル(石垣道)

貞洞(チョンドン)ギルは徳寿宮の脇に位置するトルダムギル(石垣道)です。四季それぞれの姿がみられる道で、韓国でも有名な道として知られています。この通りは歌手イ・ムンセの「光化門恋歌」など様々な歌にも登場。とくに秋はイチョウ並木がきれいです。市庁駅からソウル市立美術館、貞洞劇場方面へ歩いて行く場合にもこの道を通ります。トルダムギルを一緒に歩いたカップルは分かれる、というジンクスもあり、恋人同士で歩く場合は注意が必要かもしれませんよ。

宣陵・靖陵

都会のなかで樹木に囲まれた朝鮮王陵

宣陵・靖陵(ソンヌン・ジョンヌン)は第9代朝鮮王成宗とその継妃の貞顕王后「宣陵」と、第11代王中宗(チュンジョン)が眠る陵墓です。公園のように樹木が美しく、遊歩道が設置されており散歩を楽しむ人たちの姿がみられます。夏季は朝6時から、冬季は6時半から開園しているので、世界遺産を歩きつつ、緑あふれる都会のオアシスで朝の散歩を楽しんでもよいでしょう。

主なサービス

予約サービス

会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約
韓国とソウルの韓国旅行、韓国観光情報ならwowSeoul
Copyright(C) 2004-2017 AISE Inc. All Rights Reserved.