韓国・ソウルの通貨,両替,為替情報ならワウソウルへ

通貨

韓国の通貨単位はウォン(W)で紙幣は1000W、5000W、1万W、5万ウォンの4種類、硬貨は主に10W、50W、100W、500Wの4種類が流通しています。1Wと5Wも存在しますが、ほとんど使われていません。

【紙幣】

50,000ウォン

10,000ウォン

5,000ウォン

1,000ウォン

【硬貨】

500ウォン

100ウォン

50ウォン

10ウォン

両替とレート

為替レート
レートは市内の公認両替所、銀行、空港、ホテルの順によいのが一般的です。両替するたびに手数料がかかります。日本国内でも空港や一部の金融機関で両替が可能ですが、一般的には現地で両替をするのが一番レートがよく、お得です。クレジットカードは両替するよりも若干、手数料が安いことが多いですが3日ほど後のレートで計算されるので注意が必要です。
5月29日(月曜日)、10時51分 現在
100円 = 1003ウォン
100ウォン = -100円
公認両替所
韓国には公認両替所があり、一般的に銀行よりも良いレートで両替できる傾向にあります。両替所によって手数料が異なりますが、明洞や梨泰院、東大門など観光客が多く訪れる場所に多く集まっています。

外貨両替可能の銀行がほとんど
銀行
韓国国内の多くの主要銀行では両替が可能です。営業時間は平日9時から16時までで土、日、祝日は休みという制約はありますが、クーポン券やイベントでお得な両替レートが設定されていることも。

金浦空港の両替所
空港
空港の到着ロビーなどにある銀行は、到着後にすぐに両替ができるため安心感が高く便利です。市内で両替するよりは一般的にレートが良くない傾向にありますが、空港から市内までの交通費やその日の観光費用などを準備しておきたい方にはおすすめです。
ホテル
ホテルが宿泊者向けのサービスとして両替を行っており、他の場所に比べてレートが良くないことが一般的です。両替所や銀行が閉店したあとの時間にどうしても現金が必要になった場合などに利用できる点でメリットがあります。

付加価値税払戻し

付加価値税払い戻し
韓国では品物やサービスに10%の付加価値税(消費税)が含まれています。免税システム加盟店で外国人観光客が30,000W以上の買い物をした場合、手続きをすれば手数料を引いた額が払い戻されます(最大8.18パーセント)。購入時に免税書類を作ってもらい、出国時に税関で免税書類、パスポート、購入した商品を提出します。現金かクレジットカード口座への振込、銀行小切手から払い戻しを選べます。

クレジットカード


韓国ではクレジットカードの使用率が高く、コンビニや個人商店、タクシーや飲食店などでも使用できるところがほとんど。MasterCard、VISAの加盟店が多く、どちらかを1枚持っていると便利です。アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブ、JCBが使用できる店舗もあります。市場などでは現金で購入すると、値下げしてもらえることがあるので、場合によって使い分けてみましょう。国際キャッシュカードなら、現地のATMで現地通貨も引き出せます。

韓国銀行とATM

銀行とATM
ATMでは国際キャッシュカードを利用して、日本の口座から現地通貨を引き落とすことができます。「PLUS」「Cirrus」の表示があるATMを使用しましょう。銀行の営業時間は午前9時から午後4時までですが、ATMは24時間営業している店舗もあります。コンビニにATMが設置されていない店舗も多いですが、駅やバスターミナルなどに設置されていることもあります。

チップ

チップ
基本的に不要です。重い荷物を運んでもらったり、特別なサービスを受けたら2000~5000W程度を渡してもよいでしょう。高級レストランではサービス料が含まれている場合があります。

カジノ


掛け金
ゲームやテーブルによって最低掛け金は違うので、各テーブルをチェックしましょう。
ルーレットで2500W、その他のゲームで10000W、スロットで500Wほど。
ゲームへの参加
ディーラーがいるテーブルで、空いている席に座りましょう。
現金を渡し、ゲーム用のチップに換えてもらいます。
服装
ホテル内にあるので、半ズボンやノースリーブ、サンダルはNG。

便利情報
交通&地図
SNS


主なサービス

予約サービス

会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約
韓国とソウルの韓国旅行、韓国観光情報ならwowSeoul
Copyright(C) 2004-2017 AISE Inc. All Rights Reserved.