韓国・ソウルの市内バスの概要と乗車方法ならワウソウルへ

市内バスの概要と乗車方法 韓国の高速バス・市外バス ソウル高速バスターミナル

ソウルのバス

ソウル市内の道路にはたくさんのバスが行き交っており、多くの路線が設置されています。路線が複雑でハングル表記の部分が多いため慣れていないと難しい面があります。しかし、乗りこなせればとても便利です。バスは4種類あり、色分けされています。ソウルと郊外を結ぶレッドバス(広域バス)、市内の幹線道路を走るブルーバス(幹線バス)、地下鉄の駅や幹線バスとの連絡など短い距離を走るグリーンバス(支線バス)、都心を巡回するイエローバス(循環バス)があります。

乗車方法


<路線図>

<到着案内板>
バス停には路線図(ハングル表記)が貼られており、ここで行き先を確認します。到着案内の電光掲示板がある場合はあと何分で到着するかを確認します。

<バスの側面に書かれた行き先表示>
目的地までのバスの番号がわからない場合はバスの側面に書かれた停留所表示を瞬時に読み取って乗ります。ただしすべてハングルで書かれています。運転手に「○○(行先)カジ カヨ?(○○까지 가요? ~まで行きますか)」と尋ねましょう。

ソウル市内はバスが多く停留所前に何台もバスが連なるため、バス停の前後数十メートルに停車することも。走って乗る人の姿も多くみられます。少し離れている場合、手をあげるなどして運転手に合図し、乗車の意思を伝えるのも一つの方法です。

コラム―ソウルバスのひみつ

・バスのアナウンスは次の次まで言う。
 バスの停留所案内は、次にとまるバス停とその次に止まるバス停の名前までアナウンスします。間違って1つ前の停留所で降りることのないようにしましょう。 「이번 정류장은 ○○입니다.(イボンチョンリュジャンヌン○○イムニダ/こんどの停留所は○○です。)、다음은 ○○입니다(タウムン○○イムニダ/次は○○です。)」

・老弱者席にもみんな座っている!?

韓国のバスは前方部はお年寄りや体が不自由な方のための席。日本でいう、いわゆる優先席です。地下鉄の優先席では若い人が座っている姿を見かけませんが、バスの場合はお年寄りが来てから動けばいいという考えのようです。

・乗ったら反対方向のバスだった!!

車体に行き先が書いてあるものの、いざ乗って見たら反対方向へ向かうのバスだった、ということも。慣れない場所では運転手に必ず尋ねてみましょう。                                                   

運賃支払い方法


<バスの端末機>
現金もしくは交通カード(T-moneyカード)を利用します。交通カード利用時には現金よりも運賃が100W値引きされます。

※交通カード(T-moneyカード)利用方法
バスに乗るときと降りるときに端末機にタッチしてください。交通カード(T-moneyカード)はバス乗車前にあらかじめチャージ(充填)しておきましょう。駅の自動券売機、またはコンビニで「충전해 주세요(チュンジョンネ ジュセヨ)」と伝えましょう。最低1,000Wからチャージできます。

※現金での乗車時
運賃箱に料金を入れます。
現金で乗車の場合、5,000W以上はおつりが出ないため注意しましょう。

<T-moneyカード>
[T-Moneyカードとは]
ソウル市内をはじめ、全国各地で使用可能なプリペイド式のIC交通カードです(使用できない地域もあります)。日本国内で発行されている「SUICA」や「PASMO」、「Icoca」などのカードのように、使用前にあらかじめチャージしておきます。地下鉄、バス、コンビニなどで使用でき、駅の自動販売機やコンビニにて2,500ウォン(3,000ウォンのカードやストラップ式のカードもあり)で購入できます。韓国旅行の際は1枚持っていると便利です。

・チャージの方法
駅の自動販売機、もしくはコンビニでチャージします。

バスの種類と運賃

レッドバス
ソウルと郊外を結ぶ広域バス。
左右2列シートで停留所の数が少なめ。

【運賃】1,950W (交通カード利用時1850W)
ブルーバス
市内の幹線道路を走り、主要地域を結ぶ幹線バス。
ソウル市内で長距離を走る。

【運賃】1,150W (交通カード利用時1,050W)
グリーンバス
地下鉄の駅や幹線道路との連絡など 比較的短距離を走る支線バス。

【運賃】1,150W (交通カード利用時1,050W)
イエローバス
都心、副都心をまわる循環バス。

【運賃】は950W (交通カード利用時850W)
<マウルバス>
駅周辺を走り、支線バスよりも さらに短距離を走るバス。

【運賃】850W (交通カード利用時750W)

乗換割引制度

交通カード(T‐Moneyカード)利用時、ソウルの地下鉄とバスの乗り換えに割引運賃が適用されます。地下鉄、バスを下車後、30分以内に次のバスに乗り継いだ場合、最初の地下鉄やバスに乗っているのと同様にみなされ、通し運賃が適用されます。合計4回の乗り換えまではこの制度が適用されます。

※地下鉄の乗車は一度まで
※同一路線番号のバスに乗車した場合、乗換割引は適用されません。
その他、例外などもあり。
主なサービス

予約サービス

会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約
韓国とソウルの韓国旅行、韓国観光情報ならwowSeoul
Copyright(C) 2004-2017 AISE Inc. All Rights Reserved.