冬におすすめの韓国料理 | 韓国旅行・韓国観光ならワウソウル

冬におすすめの韓国料理

骨まで凍りついてしまうような真冬のソウル。そんなときにはやはり、辛くてアツアツの料理が食べたくなるはず。冬といえば、おすすめはやはり鍋料理。キムチチゲ、スンドゥプなど1人で食べられる料理から、チーズやハムが入ったプデチゲ、海産物の入ったメウンタン、豚の背骨が入ったカムジャタンなど種類も豊富。お酒が好きな方はチャミスルやチョウンチョルムといった焼酎と一緒に味わうのもよいでしょう。

ソウル食堂

寒い冬におすすめ、アツアツのメウンタン

ソウル食堂は広蔵市場(クァンジャンシジャン)のメウンタンの名店。メウンタンとは魚のあら鍋のこと。ここではスケトウダラが入っています。食堂の前を通ると新鮮な海の幸がたっぷりと鍋に盛られ、思わず立ちどまってしまいそうです。火にかけられ、その場でぐつぐつと煮えた様子をみると食欲をそそられます。鍋のなかにはすり潰して炒めた魚の肝が入っており、刺激的な辛さではないので安心。タラの卵はお好みで注文しましょう。冬の寒い時期にアツアツの鍋で焼酎を一杯いかがですか。価格は16,000ウォン(2人前)。

イモガインヌンチプ

芸能人たちも訪れる江南のプデチゲのお店

イモガインヌンチプは江南の繁華街からは少し離れたところに位置するプデチゲのお店。最初は地方でお店を始めていましたが、1987年に今の場所にオープンし、芸能人たちもよく訪れるこのお店。ブデチゲにはソーセージや少し風変りな形をしたスパムが入っており、スープはピリ辛。辛いものが大好きな方は、注文時に辛くしてもらえるように伝えましょう。ラーメンやソーセージ、スパムが入ってピリ辛く煮込んだボリューム満点のプデチゲは冬の寒い時期にもピッタリです。

河東館

滋養食として知られるコムタンの老舗店

1939年から続き、コムタンの老舗として有名な河東館(ハドングァン)。コムタンは滋養食として知られ、冬の極寒の時期など体力をつけたいときにもおすすめの食べ物です。河東館のコムタンは澄んでいて透明。胸部の骨、膝、胸肉、ホルモン、カルビ、テール、スネ肉など、韓牛の様々な部位からスープをとっており、さっぱりしているうえにとても深い味が出ます。歴代大統領をはじめ、数々の著名人たちが訪れたこのお店。寒い冬にぜひコムタンを食べて体を健康に保ちましょう。

チョンウォンスンドゥブ

あつあつのスンドゥプで寒い冬も体ぽかぽか

チョンウォンスンドゥプは、市庁エリアに本店を構えているスンドゥプのお店です。冬の寒い日にアツアツのスンドゥプを食べれば、体が温まること間違いありません。日本人にはスープに大粒の牡蠣が入った「牡蠣のスンドゥプ」が人気。海鮮スンドゥブにはエビ、イカ・タコ・ムール貝の海の幸がたっぷり入っています。生卵を入れれば辛さもやわらぎ、まろやかになります。さらに海鮮豆腐チヂミなどサイドメニューも充実。このお店では焼肉も楽しめます。

ソウルで二番目においしい店

さらっとした舌触り、おしるこにも似たアズキ粥

三清洞にある「ソウルで二番目においしいお店」はパッチュク(アズキ粥)の名店。パッチュクは病気の鬼神を追い払うとして、冬至の日に食べることで知られています。このお店のパッチュクは日本のおしるこにも似ています。ふたを開けるとどっしりとした丸餅、クリや銀杏など具だくさん。シナモンパウダーもかかっており、さらりとした舌触りが魅力です。体に良い伝統茶も楽しめるのが特徴。冬の三清洞の散策に疲れたら、アズキ粥を食べてひと休みしてはいかがでしょうか。

主なサービス

予約サービス

会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約
韓国とソウルの韓国旅行、韓国観光情報ならwowSeoul
Copyright(C) 2004-2017 AISE Inc. All Rights Reserved.