韓国の観光地の東大門デザインプラザ(DDP)(トンデムンディジャインプラジャ)

東大門デザインプラザ(DDP)  (トンデムンディジャインプラジャ/동대문디자인플라자)
ついにオープン!東大門の新しいランドマーク!
ついにオープン!東大門の新しいランドマーク!
「Dream Design Play !! DDP」

2009年の施工から4年8ヶ月の歳月を経て、ついに「東大門デザインプラザ(DDP)」がオープンしました。かつて、サッカー場や球場などのスタジアムがあった場所が大きく囲われ、一体なんの工事をしているのかと不思議に思っていた方も多いのではないでしょうか?2014年3月21日に念願のオープンを迎えたこの場所は、ファッションの街「東大門(トンデムン)」に新しい風を吹き込むランドマークとなりました!


地下鉄2、4、5号線「東大門歴史文化公園駅」1番出口と直結する立地条件も抜群のDDPは、オープン早々、人々の憩いの場として広く知られるようになりました。外国人旅行者が多く訪れる地域柄、世界各国の人々が親しみやすい展示や案内なども充実している上に、ショッピングやグルメが楽しめる空間も設けられているため、旅行のプランにDDPを加えても充分に楽しむことができるでしょう!


DDPの特徴は、まさにこの大規模な敷地面積とそのデザイン。3次元の非線形的な建築デザインと、柱を使用せずに5,800トンの鉄筋を使用して演出された広々としたコンベンション施設、45,133個のひとつとして同じ形のものはない外装パネルで幻想的な空間が作り出されました。



総合案内室
DDPは、その規模の大きさが魅力ではありますが、どこから見学をすればよいのか、今いる場所がどこなのかがわからなくなってしまいがち。敷地内にはいくつかインフォメーションセンターが設けられているので、ここでパンフレットを貰ってルートを尋ねたり、賢く利用することをおすすめします。また、DDP内部のみならずソウル全体の観光スポットについての案内も受けることができるのも嬉しいですね。DDP内には、案内スタッフがエリアごとに配置されているので、そちらに尋ねてみるのもOK!



地下2階 A-1 Art Hall
地下2階「Art Hall(アルリムト)」では、ファッションショーや新製品発表会、セミナー、国際プログラム、製作発表会などといった、新しいものパフォーマンスするための空間が設けられています。訪れる人々とともに新しい世を開く創造産業空間として利用されています。

空間構造:アルリム1館、アルリム2館、国際会議場
運営時間:10:00~21:00(プログラム内容により変動有)


地下2階~地上4階 M-1,2 Design Exhibition Hall
地下2階から地上4階までぐぐっと広がる「Mマーク」の「Museum(ペウムト)」は創造的デザインの世界を広げるための学びの場。展示室・子どもたちによる体験展示・カフェ・休憩施設などで構成されている空間です。ここでは、韓国が世界に誇るデザインの原形と未来を繋ぐ展示がおもに開かれます。

空間構造:デザイン博物館(2階)、デザイン展示館(地下2階)、デザインパスウェイ(地下2~地上4階)、パスウェイ休憩所(3階)、デザイン公園(4階)

運営時間:基本運営10:00~19:00(平日)、延長運営10:00~21:00(水・金曜日)
休館日:毎週月曜日、元旦、旧正月・秋夕の当日
※デザイン公園の最終入場時間は16:50




地下2階 Design Market

2階「Design Market(デザインジャント)」は、東大門を訪れるすべての人々が気軽に訪れることのできる24時間開放空間です。ここではショッピング、食事、休息ができる施設が設けられていて、文化的ライフスタイルに触れられる複合施設としても親しまれています。また地下道を通じて周辺商店とも繋がっているため、雨の日でも不便なく東大門の街を楽しむことができます。

コスメショップ
<コスメショップ >

両替所
<両替所 >
コンビニ
<コンビニ >
アクセサリーショップ
<アクセサリーショップ >
フードコート
<フードコート >
レストラン
<レストラン >
雑貨店
<雑貨店 >
1~4階 DESIGN LAB
デザインと生活が密接に関わり合う様子を表現する「DESIGN LAB(サルリムト)」。想像知識とトレンド、ビジネスに花を添える、デザイン&アート空間です。個性的で美しいデザインの商品と、これらを生み出す作家たちに出会えます。

空間構造:サルリム1・2館(1~2階)、デザインナヌム館(3階)、芝生サランバン(4階)
運営時間:サルリム1・2館 10:00~22:00
休館日:毎月第3月曜日













3階 Academy Hall & 4階 Design Experience Zone
3階の「Academy Hall(デザインナヌム館)」は、13000冊以上の書籍とテーマ別に展開される家具が絶妙な調和をなしながら展示される空間。ここでは各種デザイン関連のセミナーが開催されたり、また4階の「Design Experience Zone(デザイン広場)」においては5~15歳の子どもたちを対象とした、科学・技術・工学・芸術・数学などを学べる体験空間が設けられています。

4階体験空間利用について
教育対象:5~15歳
教育人数:25名
教育費用:4,000ウォン(要事前予約)








東大門歴史文化公園
朝鮮時代のソウル城郭と、政治・軍事施設として使用された「下都監(ハドガム」跡、過去の遺物などが展示される博物館、日常生活と密接にリンクするデザインギャラリーなど、訪れるすべての人々に自由に開放された市民空間です。

空間構成:東大門歴史館1398、東大門運動場記念館、ニ間水門展示場、ギャラリー門
運営時間:公園:24時間開放運営
※東大門歴史館および運動場記念館:10:00~19:00
※休館日:毎週月曜日、元旦、旧正月・秋夕の当日








東大門デザインプラザ(DDP)の詳細情報
店舗名 東大門デザインプラザ(DDP)  (トンデムンディジャインプラジャ/동대문디자인플라자)
観光エリア 東大門市場
住所 서울특별시 중구 을지로7가 2-1
ソウル特別市 中区 乙支路7街 2-1
地図を見る
アクセス ・ソウル地下鉄2号線 東大門歴史文化公園駅(トンデムンニョクサムンファゴンウォンニョク、동대문역사문화공원역、Dongdaemun History & Culture Park) 1番出口 徒歩0分
・ソウル地下鉄4号線 東大門歴史文化公園駅(トンデムンニョクサムンファゴンウォンニョク、동대문역사문화공원역、Dongdaemun History & Culture Park) 1番出口 徒歩0分
・ソウル地下鉄5号線 東大門歷史文化公園驛駅(トンデムンニョクサムンファゴンウォンニョク、동대문역사문화공원역역、Dongdaemun History & Culture Park) 1番出口 徒歩0分
 -1番出口を出ると、「東大門デザインプラザ」と直結しています。
電話
02-2153-0510(+82-2-2153-0510)
ホームページ http://www.ddp.or.kr/MA010001/getInitPage.do
営業時間 10:00~22:00
デザインジャント:10:00~翌2:00
展示施設10:00~19:00/水・金10:00~21:00
※オウルリム広場は24時間営業
定休日 月曜日(ミュージアムのみ)、元旦
クレジットカード VISA/MASTER/JCB/アメックス/ダイナース
言語対応 英語・日本語・中国語可。案内ガイドあり。
禁煙・喫煙・分煙 禁煙
記事公開日 2014-08-19  最終更新日 2014-08-19
※上記の観光地情報は予告なく変更される場合があります。





周辺のスポット

東大門デザインプラザ(DDP)

ついにオープン!東大門の新しいラン

24ゲストハウス 東大門スタイル店

学生さん、韓国留学を考えている方に

HOTEL TONG Vivace 東大門

ショッピングもラクラク!東大門のゲ

STUDIO TONG

韓国長期滞在も快適に!

24ゲストハウス 東大門店

友だち同士におすすめ!カジュアルな

ソウルシティツアーバス「伝統市場コース」

ソウルの見どころをぐるっと周遊!

RASKA LAND

子どもたちのための楽しいプレイルー

ソウル薬令市 韓方文化祭り

韓方に親しめるソウル薬令市のお祭り

ソウル薬令市 韓医薬博物館

韓医薬の歴史や韓薬材を知り体験でき

観光スポット
全体 古宮美術館・アート
博物館寺院・神社民俗村
公園・広場世界遺産文化体験
韓流スポット展望台川と山
観光案内所遊園地水族館
メイクアップフォト公演・ショースポーツ施設
祭り・イベントシティーツアーバスゲストハウス

イェソン

螺鈿(らでん)と韓紙体験工房「イェソン」

コリアハウス

韓国の伝統をまるごと本格的に味わえる場所。

北村伝統工芸体験館

韓国の伝統文化を身近に体験できる施設。

ソウルシティツアーバス「伝統市場コース」

ソウルの見どころをぐるっと周遊!



主なサービス

予約サービス

会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約
韓国とソウルの韓国旅行、韓国観光情報ならwowSeoul
Copyright(C) 2004-2019 AISE Inc. All Rights Reserved.