仁寺洞で伝統工芸品を手に入れよう! | 韓国旅行・韓国観光ならワウソウル

仁寺洞で伝統工芸品を手に入れよう!

伝統的なお店がたくさん集まる、仁寺洞(インサドン)。韓国の伝統的な色合いを出す小物をはじめ、筆、韓紙、螺鈿細工のようなものから、陶磁器や古美術品といった骨董品まで、お店のジャンルもさまざまです。作家がひとつひとつ手をかけて作った作品から、お店独自のこだわりの製品まで、数々の品物が取りそろえられています。仁寺洞に訪れた記念に、購入してみてはいかがでしょうか。

誠心筆房

伝統ある書道道具や絵画道具が販売される店

誠心筆房(ソンシンピルバン)は筆の巨匠・丁海漲(チョン・ヘチャン)作家の伝統ある書道道具や、東洋画の絵画道具などが販売されています。筆の価格は5,500~15,000ウォン程度で販売されていますが、名筆と呼ばれているものは数百万ウォン以上するものもあるのだそう。先生ご自身は普段、工房で筆の制作のみを行っていますが、その作品を求めて定期的に日本から訪れるファンの方もいらっしゃるといいます。書道道具のほか、絵の具類も種類豊富。これらの商品も専門分野で活動している方が好んで購入されるそうです。

国際刺繍院

30年の伝統を誇る伝統刺繍専門店

国際刺繍院(クッチェジャスウォン)は仁寺洞にある韓国の伝統刺繍専門店です。1979年にオープンし、30年の歴史と伝統を誇るお店。韓国の伝統模様と刺繍が組み合わさって作られた工芸品を展示、販売しています。このお店の製品はすべて手作業で作られ、繊細でこころ深さが感じられる商品もたくさん。外国の貴賓たちが訪れる店でもあり、2009年には鳩山元首相夫妻が訪れたこともあります。韓国人には本来の伝統美を伝え、外国人には、最も韓国らしい思い出作りをしてもらえるように努めているお店です。

トドク工房

世界にたった一つのハンコを作ろう

トドク工房は手作りハンコの専門店です。こぢんまりとしたアットホームな雰囲気の店内には、可愛らしいインテリア雑貨がずらり。お店にいらっしゃる彫刻作家のイ・ミョンホ氏は、カジュアルな雰囲気の若い職人さん。ハングルのみならず、漢字やアルファベットのイニシャル、簡単なイラストでの制作も可能です。デザインは文字を彫り始める前に決めるのではなく、会社やお店、その人が持つイメージを生かして制作するのだそう。費用は基本的に30,000ウォン。低価格でより多くの方に自身の作品を提供したいという思いがあるそうです。

フク・ピンヌン・サラムドゥル

陶磁器の持ち味を生かす、生活陶磁器専門店

フク・ピンヌンサラムドゥルは生活陶磁器専門店。店名を直訳すると「土をこねる人たち」という意味。韓国の陶磁器は単純な色合いと力強さが特徴。青磁、白磁、粉青沙器で作った生活陶磁器と、韓国を象徴する守り神「ヘテ」や韓国の伝統家屋「韓屋」などをモチーフにした小物が取りそろえられています。価格はもっとも安いもので9,000ウォン、最大80万ウォンの商品まであります。韓国の伝統的な陶磁器の持ち味を生活陶磁器へとつなぐ役割を果たすこのお店で、気になる商品を購入してみてはいかがでしょうか。

主なサービス

予約サービス

会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約
韓国とソウルの韓国旅行、韓国観光情報ならwowSeoul
Copyright(C) 2004-2017 AISE Inc. All Rights Reserved.