弘大で美味しいおつまみとともに酔いしれよう! | 韓国旅行・韓国観光ならワウソウル

弘大で美味しいおつまみとともに酔いしれよう!

アートや芸術の街として知られているとともに、クラブやバー、居酒屋がひしめき、いつも若者たちでにぎわっています。オシャレな街、弘大は観光客がお酒を飲んで、夜の雰囲気を満喫できるお店がたくさんあります。そんな弘大の夜を満喫したい方におすすめの、バーや居酒屋を紹介します。美味しいおつまみとともに、弘大でお酒を楽しんでみてください。

紅家

ムール貝を何度でもおかわりできる店

弘大で2004年にオープンし、有名になった「紅家(ホンガ)」。弘大を訪れる人の口コミで次第に知られるようになったのだそうです。このお店は「ホンハプタン(ムール貝のスープ)」を何度でもおかわりすることができます。ムール貝をだしにとり、適度にうっすらと濁ったスープと、そのなかに適度にゆだった貝が器にあふれんばかり。これを食べ放題にしたら赤字になってしまうのでは?とお店の心配をしてしまうほど。他にもホンハプジョン(ムール貝のチヂミ)やプルタクセットなどのメニューがあります。

タンナルダ

弘大の人たちに愛されている鶏鉄板料理のお店

タンナルダは2001年のオープン以来、弘大を訪れる人たちに愛され続けてきたお店です。人気メニューはまさに鶏鉄板料理。「オリジナル鉄板」と「ニュー鉄板」の2種類があります。「ニュー鉄板」は、オリジナル鉄板にモッツアレラチーズがかかった料理。チーズはバーベキューソースで炒めた鶏肉と相性がよく、一度食べると病みつきに。小さな丸餅とサツマイモが入っており、どれから食べようかと迷うのも楽しみの一つです。実際の戦場で使用された軍用の水筒でビールを飲めるのもこのお店のウリです。

月香(2号店)

マッコリ界にセンセーションを呼び起こしたお店

月香(ウォルヒャン)は弘大にあるマッコリバー。ありふれていて安く飲めるお酒というマッコリの認識を変えようと、マッコリを開発したり韓国各地の名酒を仕入れるなど、日々努力をかたむけています。月香(ウォルヒャン)には、イチゴマッコリ、バナナマッコリ、ハニーマッコリなど様々なマッコリがあります。白キムチ豆腐ロールやムグンジ・タンスユク、海鮮チャプチェは人気料理。「昼酒歓迎」という垂れ幕がかけられており、11時から4時までに入店し夕方6時までにお店を出ると、マッコリが50%割引になる特典もあります。

主なサービス

予約サービス

会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約
韓国とソウルの韓国旅行、韓国観光情報ならwowSeoul
Copyright(C) 2004-2017 AISE Inc. All Rights Reserved.