ソウルでフュージョン料理 | 韓国旅行・韓国観光ならワウソウル

ソウルでフュージョン料理

韓国旅行で何を食べようかじっくり調べてはみたけれども、いざソウルを訪れてみると、韓国料理の刺激的な味に疲れてしまったり、ちょっと一味変わったものが食べてみたいと思うこともあるでしょう。そんなとき、韓国料理に西洋のスタイルが加わったフュージョン料理はいかがでしょうか。街の食堂で食べる韓国料理とはまた違った美味しさが味わえるはずです。

song's kitchen

パイに包まれた海鮮チーズトッポッキが味わえるお店

景福宮の西側に位置するsong's Kitchen(ソンズキッチン)は、海鮮チーズトッポギ(トッポッキ)が有名なお店。カマドで焼かれるというこのお店のトッポッキは、パイに包まれ、たっぷりモッツアレラチーズがかかっています。チーズとコチュジャンのハーモニーが絶妙な海鮮チーズトッポギは最も愛されている人気メニュー。また、ビールとコーヒーを混ぜて作ったカクテル、song酒(ソンジュ)は柔らかな泡が印象的です。人気屋台メニューのトッポギとチーズ、パイが合わさったフュージョン料理をぜひお試しあれ。

PUREARENA

人気アイドルグループJYJのファンたちも訪れるブラッセリーカフェ

PUREARENA(ピュアアレナ)は食事、コーヒー、お酒のすべてを楽しめるブラッセリーカフェ。このお店のメニューでは韓国にいるからこそ、楽しめるフュージョン料理のメニューがあります。サーロインステーキビビンバは、コチュジャンとバルサミコソースの調和が美味しい料理。ダイコンの上に乗った牛サーロインはプルコギソースでマリネにし、コチュジャンとバルサミコソースがかかっています。人気アイドルグループJYJがお店に訪れたときに飲んだ豆腐シェイクも、まさにフュージョンドリンク。ファンたちが注文する一品です。

ピョルタバン・ミスリ シーズン3明洞

五味子茶ラテ、アイス熟柿が味わえる昔懐かしのカフェ

韓国の1970年代を連想させるカフェ、ピョルタバン・ミスリ。アンティークなグッズや懐かしいおもちゃが並べられています。店内では韓国の昔の駄菓子も販売されています。このお店のフュージョンといえば、五味子茶ラテ。スッキリとした酸味のある五味子茶にミルクの泡が乗っており、赤と白が対比がきれいな飲み物です。熟した柿を凍らしてつくった、アイス熟柿は口に入れた瞬間、すっと溶けてまるでシャーベットのよう。温かいお茶と一緒に食べると、何ともいえない涼しげな味です。

ジルシル

餅サンドウィッチや餅ケーキまでもが味わえる餅カフェ

ジルシルは韓国伝統飲食研究所が運営している餅カフェです。ここでは韓国の伝統の餅の味と模様を守りながらも現代的なニーズにあわせた様々なお餅を作っています。ジルシルにはフュージョン餅もあります。若い層の好みにあわせて、西洋式の材料を使った餅サンドウィッチや餅ケーキ。見た目にはお餅とこの材料が合うのかな、と気になりますが、一度食べるときっと病みつきになるはずです。ジルシルのさまざまな餅を一度に味わえる餅の弁当セット(7,000ウォン)もおすすめです。

パダ食堂

フュージョン料理の代表格、プデチゲの老舗店

パダ食堂は梨泰院にあるプデチゲの専門店です。プデチゲは朝鮮戦争で食糧が不足した際に、ハムやチーズなど米軍の軍用食を流用したのがはじまり。今や韓国のフュージョン料理の代表格として知られています。このお店はアメリカのジョンソン大統領が訪韓した時にオープンしたため、ジョンスンタンという名前で呼ばれています。キャベツとジャガイモから出る甘みが、天然調味料の役割を果たしコクのある味わいに。アツアツの鉄皿に中くらいの焼き加減で出てくる牛肉ソーセージもおすすめです。

主なサービス

予約サービス

会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約
韓国とソウルの韓国旅行、韓国観光情報ならwowSeoul
Copyright(C) 2004-2017 AISE Inc. All Rights Reserved.