ワウソウル | 韓国旅行・韓国観光ならワウソウル

箸とスプーンは使い分ける これが韓国のテーブルマナー【韓国】

韓国に見える日本人がよくやってしまう食事のマナー違反があります。
最近の韓国では、若年世代を中心にそこまでマナーにうるさくはないのですが、ビジネスで食事をする時には知っておきたいですね。

日本人が間違えるのが「箸」の使い方です。
韓国の箸は、おかずを取るときに使い、スプーンはご飯やスープを食べるときに使います。
韓国のレストランに行くと、必ずスプーンがついてくるのはこのためです。
日本人は、基本的に箸を使う生活に慣れているので、箸でご飯を食べてしまいがちです。
そこで韓国では、意識として「箸=トング」という意識を持ちましょう。

新型コロナウィルスが猛威をふるうようになってからは、箸は共有を避けるための道具という認識が高まっています。
一度口に入れた箸で、ほかのものを取ろうとすると露骨に嫌な顔をされるので注意してください。
焼肉など多くの人で取り分けるような料理を食べるときには、日本と同じように共通の道具を利用して取り分け、自分の箸で食べましょう。


2020/12/24 08:10






ワウソウルのパートナーを見る


最新記事

ワウネタ海外生活の最新記事
主なサービス

予約サービス

会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約
韓国とソウルの韓国旅行、韓国観光情報ならwowSeoul
Copyright(C) 2004-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.