ワウソウル | 韓国旅行・韓国観光ならワウソウル

おそらく韓国で最も辛いであろうインスタント麺をご紹介します!【韓国】

韓国にもさまざまなインスタント麺があって、韓国みやげとして買って帰る人々も多いのですが、どうしても定番商品ばかりになってしまいがちではありませんか?そこで今回ご紹介したいのが、おそらく韓国で最も辛いであろうインスタント麺「불닭볶음면(プルダッポックンミョン)」です。

韓国料理の「プルダッ」は、「火の鶏」という意味を持つ鶏肉料理です。まさに、火を噴くような辛さが特徴的な鉄板料理なのですが、この料理にあやかって「プルダッポックンミョン」も誕生しました。韓国の鉄板料理では残ったソースにシメでご飯を入れてチャーハンにしたり、麺を入れたりするので、その味が再現されたというイメージです。

「プルダッポックンミョン」には袋タイプとカップタイプのものがあります。今回は作り方が簡単なカップタイプをご紹介します!

まず、半分ぐらいまでフタをあけ、ソースとフレークを取り出してから線のところまで熱湯を注ぎます。熱湯をそそいだら約3分、フタを閉じて待ちます。



3分後、湯切りをするのですが、湯切り口があるわけではなく、このように点線になっている部分をお箸などで穴をあけてから、お湯を捨てます。日本のカップ焼きそばと同じような感じです。




次に、ソースを入れて、まぜまぜ。辛いのはこのソースですので、少しずつ入れて調節してもよいでしょう。でもやっぱり私はガツン!と全部入れます!




仕上げにフレークをふりかけたら完成です!フレークの中身は海苔とゴマです。




あとは食べるだけなのですが、本当に注意していただきたいのが「とっても辛い」ということです。麺を口に入れる際、むやみに口のまわりにソースが付いてしまうと、長時間痛いので気をつけてください。スパゲティーのように丸めてポイッと口に放り込むように食べると安全です。

やはり韓国の人々にとっても「プルダッポックンミョン」は相当辛いようで、食べ方にも工夫があるといいます。まずは定番の、あらかじめ牛乳を用意しておくことに始まり、とろけるチーズを入れる、ゆで卵を入れる、おにぎりを細かくして入れて、なんちゃってチャーハンにする(辛さを分散する)という方法があるようです。

ぜひ一度食べてみて、お好みを見つけてみてください。おみやげにする場合は、喜ばれるか、うらまれるかの“賭け”ともいえるでしょう!

2015/07/07 11:37

ワウソウルのパートナーを見る


最新記事

海外生活ワウネタの最新記事
主なサービス

予約サービス

会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約
韓国とソウルの韓国旅行、韓国観光情報ならwowSeoul
Copyright(C) 2004-2017 AISE Inc. All Rights Reserved.