韓国・ソウルのコラムならワウソウルへ

伝統ある韓国ソウルは発展し夢がある町として知られています

韓国ソウルには、数々の伝統や文化が受け継がれています。中世から近世に江華島の中心を担った遺跡である、高麗宮址は仁川の江華島にある遺跡です。高麗時代には臨時首都、朝鮮時代には宮殿のひとつとして機能しました。1232年、開城にあった高麗の都は、水際での戦闘に不慣れなモンゴル軍の侵略に備え江華島に移されます。都は1270年に再び開城へと還ることになりますが、新しい宮殿や官衙は開城の都・松都に似せられ、39年のあいだ江都として臨時首都の役割を果します。

また竹西楼は、関東8景の1つとして知られており、川の絶壁に佇む楼閣は心に残る名所の一つです。朝鮮時代、韓国北東部の江陵と平昌の間にまたがる峠である、大関嶺以東の景勝地8カ所を指して呼ばれていた関東8景です。その1つとして、自然と調和した美しい景観を誇る楼閣が、東海岸沿いの都市・三陟に位置する、竹西楼は古い歴史があり、当時、この地に派遣された地方官吏たちの接待や宴会の場所として、また地元の役人や詩人たちの休息の場として利用されていた建物です。韓国の宝物第213号に指定されています。

古い歴史と伝統が残る韓国ソウルでは、三陟市内を流れる五十川など楼閣からは抜群の眺望を楽しむことができます。韓国には自然との一体感を重視した建築様式が沢山あり、三陟中心部の高速バスターミナルから徒歩約15分と訪れやすく、観光名所となっている竹西楼です。その名前の由来は、楼閣付近に竹蔵寺という寺院があったから、竹竹仙という名高い妓生の住居が近くにあったからなど、様々な説がありますが詳細は分かっていません。竹西楼について記述された諸文献によると、築造年代は12世紀以前とされ、15世紀になり再建されたという記録が残っています。

このようにいくつもの伝統が多々ある韓国ソウルは、長い歴史が重んじられているゆかりの地が多き国です。人々の暮らしを支え、韓国の歴史を司る国として、様々な素晴らしい町が作られてきました。映画でも有名な土地や、韓国の独特のお酒など、この国ならではの伝統が楽しめる行事などたくさんあります。この国の伝統を感じたいと思い、この地へ訪れる観光客も年々増加してきています。また数々の観光スポットもあり、幅の広い方が楽しめる場所も増えています。


ソウルにしかない伝統や古い歴史は、土地の人々が築き上げた大切なものとして今の若い方へと受け継がれています。ソウルの町並みには毎日大勢の方が往来し、全ての人々に夢を与える町として飛躍しています。ここでしか味わえない本場の料理なども伝統的なメニューが並んでいるソウルです。ソウルは発展する町として今羽ばたいている町です。



2014/09/15 12:19:40 入力




ソウルのコラム
~スタッフコラムno.156~バナナに続いて今度は抹茶がきた!?新チョコパイはこれだ!

~スタッフコラムno.155~ソウルからもっとも近い天然温泉スパリゾート“テルメデン”

~スタッフコラムno.154~親切!丁寧!今までのサムギョプサルを忘れるほどの美味!

~スタッフコラムno.153~外国人旅行者にも人気の“バナナ牛乳”がカフェになって登場!

~スタッフコラムno.152~韓国のフードコートごはんをご紹介♪

ソウルのコラム一覧
主なサービス

予約サービス

会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約
韓国とソウルの韓国旅行、韓国観光情報ならwowSeoul
Copyright(C) 2004-2019 AISE Inc. All Rights Reserved.