韓国・ソウルのコラムならワウソウルへ

韓国を代表する麺料理について

韓国の麺料理としてすぐに思い浮かぶものに冷麺があるかと思います。朝鮮・韓国式の冷麺にはスープが付いているムルレンミョンと、スープ無しタイプで混ぜ冷麺のピピムネンミョンの2種類があると言われています。蕎麦粉が主原料として使用されて、つなぎとして小麦粉やデンプンなどを入れて練られています。茹で上がった麺はすぐに冷水で冷やし、鶏肉や牛肉からとったスープなども冷たくしているため、夏に食べる韓国料理として人気があります。


日本でも焼肉店などにいくと冷麺がメニューにありますが、韓国や朝鮮料理などで利用されている金属の器に盛られている場合が多いです。韓国旅行などに行かれて冷麺を食べたくなったら、スープ付きか無しかを注意されてみてください。

ムルレンミョンと呼ばれている麺ですが、ムルは水を意味して、レンは冷たいを意味し、ミョンは麺を意味すると言われています。具材には汁を多めにして味が薄い大根のキムチや薄切りのお肉、キュウリや梨、ゆで卵などが乗せられることが多いようです。麺は押し出し式で作られて茹でた後すぐに冷やすこともあり、大変コシが強いのが特徴です。最近ではお店によって冷麺の種類も増えてオリジナリティー溢れるものが登場しているようですが、夏が近くなってくると開始するところが多いようです。お好みでカラシや酢などを入れて味に変化をもたらしながら楽しめます。とてもさっぱりとした味で夏の暑いシーズンには最適な麺料理として大変人気があると言われています。

自宅でも食べてみたいという方のために、簡単な作りかたをご紹介していきたいと思います。韓国系のスーパーなどには、さまざまな調味料や食材が取り揃えられているためご興味のある方はぜひ利用されてみてください。

まず、韓国冷麺を用意し野菜には大根とキュウリ、キムチ、蒸し鶏あるいは豚肉を使用します。麺を茹でた後にしっかりと冷水ですすいで冷やしておきましょう。用意した食材を千切りにしておき、鶏肉は酒蒸しにして薄くカットします。スープには水と鶏ガラスープの素、酢とレモン汁、醤油、みりんを大さじ1、砂糖を少々と焼肉のタレを入れると旨味が出ます。冷たい方が美味しくいただけますので、器の中に氷を何個か入れて麺の上にキムチを並べてスープを投入していきます。白ごまを振りかけるとより美味しくなります。ご自宅で食べる際もカラシと酢を用意されると、味に変化をもたらすことができますのでおすすめです。

夏は暑くて食欲がなくなってしまうという方も多いと言われていますが、このようなキムチを利用したピリ辛で冷たい麺類はとても食べやすいです。また唐辛子の香辛料は食欲増進効果があるようです。



2014/08/04 11:25:16 入力



ソウルのコラム
~スタッフコラムno.156~バナナに続いて今度は抹茶がきた!?新チョコパイはこれだ!

~スタッフコラムno.155~ソウルからもっとも近い天然温泉スパリゾート“テルメデン”

~スタッフコラムno.154~親切!丁寧!今までのサムギョプサルを忘れるほどの美味!

~スタッフコラムno.153~外国人旅行者にも人気の“バナナ牛乳”がカフェになって登場!

~スタッフコラムno.152~韓国のフードコートごはんをご紹介♪

ソウルのコラム一覧
主なサービス

予約サービス

会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約
韓国とソウルの韓国旅行、韓国観光情報ならwowSeoul
Copyright(C) 2004-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.