韓国・ソウルのコラムならワウソウルへ

韓国の首都ソウルのおすすめ観光スポット

600年の歴史を持つ韓国の首都ソウルは、政治をはじめ、経済、社会、教育、文化の中心地です。景福宮(キョンボックン)、昌徳宮(チャンドックン)などの古い歴史を持つ史跡や、北村韓屋村(プクチョンハノクマウル)、仁寺洞(インサドン)、南大門(ナンデムン)市場などの伝統文化が感じられる場所があちこちに点在しています。またショッピング施設やエンターテインメント施設のある明洞(ミョンドン)、狎鴎亭(アックジョン)、コエックスモールなどは毎年多くの観光客が集まる名所となっています。街の中心を流れる漢江(ハンガン)綺麗な風景を作り出し、市民たちの憩いの場となっています。

代表的な名所が景福宮(ギョンボックン)です。景福宮は、朝鮮時代を開いた太祖李成桂が1394年にソウルに遷都し、朝鮮の正宮として作られた宮殿で、1592年に豊臣秀吉の朝鮮侵略により焼失したのを273年後の1865年に再建したものです。以後、日本の植民地時代に日本によって破壊及び変形されたものを1990年から復元する事業を行っており、2009年までに昔の宮殿を続々と復元する予定になっています。

景福宮が再建されるまで朝鮮の正宮として273年間使われたのが昌徳宮で、朝鮮時代の建築文化がよくうかがえる事で世界遺産にも登録されているのですが、美しさや壮大さが見事に融合したソウル一番の見所になっています。一番の鑑賞ポイントは、建物のロケーションです。ソウルは高麗時代が終わり、朝鮮の首都として新たに探していた場所として選ばれ、その中でも王宮を立てた土地なので当時の中国からの儒教や風水学などを考えて高い場所に建てられました。


もう一つの観光スポットとして「Nソウルタワー」というランドマークがあります。1969年にテレビやラジオを首都圏に送信する韓国初の電波塔として誕生して以来、全国約50%の世帯に電波を送信し続けています。1980年に一般公開されてからは、観光客には定番観光スポットやデートスポットとして絶大な人気を誇っていました。もとは「南山ソウルタワー」という名前でしたが、2005年に「先端と自然の調和」というコンセプトのもと150億ウォンが投入された大々的なリモデリングを経て、「Nソウルタワー」として生まれ変わりました。デジタル施設やイベント会場、各種レストランが揃う展望文化空間として、また夜は幻想的な照明が繰り広げられるランドマークタワーとしてパワーアップし、ますます人気のスポットとなりました。タワーの外には、ウッドデッキスペースや、ギフトショップ、カフェ、レストランなどがあり、これらは展望台チケットの購入にかかわらず利用可能です。特に南山やソウルを一望できる「ルーフテラス」と「グラステラス」は人気のエリアです。



2014/07/14 12:40:18 入力


ソウルのコラム
~スタッフコラムno.156~バナナに続いて今度は抹茶がきた!?新チョコパイはこれだ!

~スタッフコラムno.155~ソウルからもっとも近い天然温泉スパリゾート“テルメデン”

~スタッフコラムno.154~親切!丁寧!今までのサムギョプサルを忘れるほどの美味!

~スタッフコラムno.153~外国人旅行者にも人気の“バナナ牛乳”がカフェになって登場!

~スタッフコラムno.152~韓国のフードコートごはんをご紹介♪

ソウルのコラム一覧
主なサービス

予約サービス

会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約
韓国とソウルの韓国旅行、韓国観光情報ならwowSeoul
Copyright(C) 2004-2017 AISE Inc. All Rights Reserved.