韓国の買い物・ショッピングのトドク工房(トドクコンバン)

手作りハンコ
専門店
トドク工房  (トドクコンバン/토독공방)
世界にたった一つのハンコが作れるお店。

【電話】02-722-3812(+82-2-722-3812)



世界にたった一つしかない自分だけのハンコを作ろう!

ここはソウル・仁寺洞(インサドン)。昔ながらの韓国の情景が広がるこの街には、伝統工芸品や韓国土産を販売するお店が多く集まり、連日多くの外国人旅行客たちで賑わっています。

今回紹介するのは、そんな仁寺洞に新しくオープンした手作りハンコの専門店「トドク工房(コンバン)」です。彫刻作家のご主人イ・ミョンホ氏と、奥さまキム・ヘジョン氏が2人で経営する小さなお店です。こぢんまりとしたアットホームな雰囲気の店内には可愛らしいインテリア雑貨がずらり。仁寺洞らしさを醸しだしつつも、現代的でおしゃれな空間がとっても魅力的。それではさっそく一緒にお店のなかを覗いてみましょう。
地下鉄3号線「安国(アングク)駅」から徒歩3分、仁寺洞メインストリートに入ってすぐのところに「トドク工房」はあります。お店自体はとても小さいのですが、思わず立ち寄りたくなるような可愛らしい雰囲気が外観からも伺えます。





彫刻作家、イ・ミョンホ氏

ハンコ職人といえばなんとなくお年を召した“厳格”な職人さんをイメージしてしまいがちですが「トドク工房」の彫刻作家、イ・ミョンホ氏は、どこかカジュアルな雰囲気に優しい笑顔が魅力的な若い職人さんです。ハンコに使用される素材は石(一部陶器もあり)。彫刻刀を片手に、丁寧に文字を刻み込んでいきます。元々書道を勉強されていた経歴を持つイ氏は、ハングルのみならず漢字での制作も可能で、そのほかにもアルファベットのイニシャルや、簡単なイラストも彫ることができるといいます。
依頼主の希望はもちろん考慮しますが、実際に彫り始める前にあれこれとデザインを決めてしまうのではなく、彫りながらアイデアが浮かぶがままに作業に取り組むのだそう。会社やお店のロゴとして使用するものであればそのイメージを活かしたハンコを、また個人のお客様であればその人が持つイメージを活かしたハンコを制作するのだといいます。そのためイ氏ご本人でも“まったく同じもの”を作ることは難しいとおっしゃいます。
どんなハンコが作れるのでしょうか?
ハンコの制作費用は基本的には30,000ウォン。特殊なデザインやハンコそのものの素材にアレンジを加えたい場合には少々価格に変動が生じることもあります。制作を希望される方は、まず店頭に並べられた石からハンコの本体を選びます。そして、サンプルデザインを見ながらイ作家とおおまかなイメージについて話し合います。完全に“おまかせ”でも大歓迎とのこと。写真左のデザインは、とあるお坊さんが過去に「トドク工房」に依頼したという似顔絵入りの珍しいハンコです。このように、簡単なイラスト入りのハンコでも気軽に依頼してみましょう。


本体のデザインも素敵なハンコの数々!
こんなにも可愛らしいハンコをほかに見たことがあるでしょうか?
これらひとつひとつの本体もイ氏が自ら石に模様と図柄を刻んで制作したものです。






朱肉にもこだわりがあります。

もちろんどんな朱肉を使用しても捺印することは可能ですが、せっかくハンコにこだわったのですから、朱肉にもこだわってみるのはいかがでしょうか?これは古くから、女性のお化粧などにも使用されてきた染色料のひとつで、美しい朱色を褪せることなく発色してくれる最上級の朱肉だといいます。ハンコと一緒にプレゼントにしても喜ばれること間違いありません!


若奥さま、キム・ヘジョン氏
仁寺洞で数年間、販売の仕事をされてきたという奥さま、キム・ヘジョン氏。仁寺洞の地域柄や訪れる人々の様子、どんなものが好まれるのかを知り尽くした上で、やっと念願かなってご主人イ・ミョンホ氏の才能を活かすことのできる「トドク工房」をオープンできたとおっしゃいます。キム氏もまた、繊細な技術に長けた方で店内で販売されているストラップの多くが彼女の手作りによるものだといいます。携帯ストラップやキーホルダーとしての使用も可能なほか、ハンコのチャームとしても可愛らしく飾ることができます。
ハンコのデザインを活かしたマグカップとTシャツも販売しています。
「トドク工房」では、ハンコのデザインをそのまま活かしたマグカップとTシャツも販売されています。韓国特有のデザインのものが多いため、おみやげとして購入していく方が多いのだそう。また、こちらもハンコ同様にデザインを依頼してオリジナルマグカップ・Tシャツの制作も可能です。その日のうちに完成するので、旅行中でも気兼ねなく注文できるのが嬉しいですね!
価格:マグカップ12,000ウォン(オリジナル15,000ウォン~)/ Tシャツ18,000ウォン(オリジナル20,000ウォン~)





ワウソウルオリジナルハンコ!
取材中、なにやらハンコに彫り始めたイ氏。そんな作業姿をカメラに納めていたワウソウルスタッフでしたが、なんと!ワウソウルのオリジナルハンコを彫ってくださっていました。ハングルで「ワウソウル」と可愛らしく彫られたハンコを受け取った瞬間、言葉では表現できない温かい気持ちになりました。ワウソウルの“ワウ”の部分は「おどけたような、明るいイメージで彫ってみました」と、これまたイ氏のセンスが光る粋なデザインで仕上げてくださいました。世界にたった一つしかない私たちのハンコ、大切にしますね!
“仁寺洞を訪れたら必ず立ち寄りたい”お店「トドク工房」
今回の取材を通して驚いたのは、素晴らしい作品はもちろん、その価格です。正真正銘のオリジナルハンコが30,000ウォン、オリジナルマグカップやTシャツも20,000ウォン以下だなんて正直なところ、安すぎませんか?というワウソウルスタッフの問いかけに対してご夫婦は「安いとは思います。しかし、価格を高額に設定してお客様に負担を与えるより、低価格でより多くの方々に私たちの作品を提供したい気持ちのほうが強かったのです。」と答えてくださいました。「トドク工房」という店名にも「お店」という枠を超えて、誰もがゆっくりとお茶でも飲みながらくつろげる空間にしたかった、という思いが込められているのだそうです。




トドク工房の詳細情報
店舗名 トドク工房  (トドクコンバン/토독공방)
観光エリア 仁寺洞
住所 서울특별시종로구관훈동123-4 1층
ソウル特別市鍾路区寛勲洞123-4 1階
地図を見る
アクセス ・ソウル地下鉄3号線 安国駅(アングクニョク、안국역、Anguk) 6番出口 徒歩3分
 -6番出口を出て、約90m直進すると左手にカバン店と「仁寺洞観光案内所」があります。その角を左に曲がったところ、左手に「クラウンベーカリー」というパン屋さんがあります。その隣に「トドク工房」があります。
電話
02-722-3812(+82-2-722-3812)
ホームページ http://blog.naver.com/todoktodok
営業時間 10:30~21:30(事情により変動する場合があります)
定休日 元旦、旧正月・秋夕の当日
クレジットカード VISA/MASTER/JCB/アメックス/ダイナース
言語対応 簡単な日本語可能
記事公開日 2013-05-16  最終更新日 2013-05-16
※上記の買い物・ショッピング情報は予告なく変更される場合があります。




周辺のスポット

HOTEL TONG Andante 仁寺洞

旅にもビジネスにも、スマートに利用

ナイフギャラリー

マニア必見!世界の刀が大集合!

木人博物館

木彫刻で伝える歴史空間。

チップル生活史博物館

藁と草を専門的に展示した世界唯一の

仁寺洞の観光案内所

伝統の街、仁寺洞の情報はここでゲッ

曹渓寺

大韓仏教曹渓宗の総本山、曹渓寺

イェソン

螺鈿(らでん)と韓紙体験工房「イェ

買い物
全体 百貨店
市場ショッピングモール
専門通り地下商店街
コスメ・ドラッグストアファッション
おみやげ・記念品伝統工芸品
皮革商品食料品
スーパーメガネ・コンタクト
本・雑貨

国際刺繍院

国内外の貴賓たちに認められたお店、おみやげでもいいです。

誠心筆房

最上級の筆を求めて。仁寺洞で出会う歴史ある筆房。

フク・ピンヌン・サラムドゥル

韓国の感性がぷんと香る生活陶磁器専門店

尚古斎

陶磁器と多様なお茶が揃うお店。

パンギム

匠の技が光る、韓国伝統膳の専門店。

JONGINAMOO GALLERY

韓紙と木が織りなす美しい伝統工芸のお店。

チンジュシェル

美しい螺鈿工芸に魅せられるお店。

art sense

達人が織り成す手作り扇子の専門店。

セロバン

可愛らしいコリアンクラフトの専門店。

So.u

趣ある陶磁器と骨董品を愛するお店。

韓紙イヤギ

韓紙工芸を代表する専門店。

西村マル

韓紙工芸から海外のおもしろ雑貨まで。

Bogg Nabi

韓服の世界に新しい風を!オーダーメイド韓服アトリエ。


主なサービス

予約サービス

会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約
韓国とソウルの韓国旅行、韓国観光情報ならwowSeoul
Copyright(C) 2004-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.