韓国の鍋マナーは日本とは違う【韓国】 | 韓国旅行・韓国観光ならワウソウル

韓国の鍋マナーは日本とは違う【韓国】

韓国料理で多く見かけるのが鍋料理です。
チゲなど種類も豊富で多くの人数で取り分けて食べるのですが、マナー面において日本人とは少し違って驚くところもあります。

まず、1つ目が「渡し箸」です。
1つのものを二人でつまむというのは日本の食文化ではタブーとされていますが、韓国では普通に行われます。
これは鍋料理に限らず取り分けをするときにも行われるので初めて見るとちょっと違和感があります。


2つ目に、「取り箸」という概念がないので、大きな鍋にみんな個人の箸を突っ込みます。
これも初めて見ると驚きますし、潔癖症の人から見ると嫌悪感を覚えるかもしれません。

しかし、今方コロナウイルスの流行に伴ってこのような文化が今は消えつつあります。
お店で提供される料理も個人ごとに分けられていたり、テーブルに共用で置かれていたキムチも姿を消し、注文ごとに出てきたりするようになりました。
日本人から見るとやや日本の食文化に近づいてきたような感じを受けます。

2021/08/28 08:10






ワウソウルのパートナーを見る


関連記事

最新記事

ワウネタ海外生活の最新記事
主なサービス

予約サービス

会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約
韓国とソウルの韓国旅行、韓国観光情報ならwowSeoul
Copyright(C) 2004-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.