ラーメンに豚カツはあり 意外な豚カツの使い方【韓国】 | 韓国旅行・韓国観光ならワウソウル

ラーメンに豚カツはあり 意外な豚カツの使い方【韓国】

日本でもおなじみの豚カツは、韓国でもメジャーな料理の1つで、見た目と味は日本とほとんど変わりません。
では、何が違うのかというと、使い方です。

日本の人がイメージする豚カツ定食は、真ん中にカツがあり、その横にキャベツや添え物、そしてご飯とみそ汁が付くイメージではないでしょうか。
韓国の豚カツはワンプレートの真ん中にどんと置いてあり、その横にライスとサラダというワンプレート料理で使われます。

また、オムライスのラーメンの上など何か主となるもののトッピングとして出てくることも多いです。
そのため、日本のように出てきてから味を選択することはあまりなく、メニューを頼んだ段階で味付けまで完了して登場します。
日本の統治時代に日本から韓国に渡っていった豚カツ文化ですが、韓国内で独自の進化をして今に至ります。
ラーメンに豚カツがのっているのは、歳を重ねた人から見るとヘビーに感じるかもしれませんが、ラーメンの汁がしみ込んだカツも美味しいですよ。


2021/07/12 19:10






ワウソウルのパートナーを見る


関連記事

最新記事

ワウネタ海外生活の最新記事
主なサービス

予約サービス

会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約
韓国とソウルの韓国旅行、韓国観光情報ならwowSeoul
Copyright(C) 2004-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.