利用者が増えているETA制度【韓国】 | 韓国旅行・韓国観光ならワウソウル

利用者が増えているETA制度【韓国】

韓国でも電子旅行許可(ETA)が2021年6月よりスタートする予定です。
これはアメリカで実施されているシ電子渡航認証ステム(ESTA)と同じようなものですが、よりスムーズに入国することが可能になります。

現在公表されているのは、搭乗の72時間前までに申請を行い、一度ETAを取得すれば2年間、入国審査書の提出が免除され、専用の窓口で本人確認をすれば審査通過することができる予定です。
一人あたりにかかる時間が大幅に緩和されるので、入国にかかる時間が一気に短くなる予定です。
韓国の日本企業では、この緩和をとても歓迎していて、頻繁に日韓を往復する人であれば取得したいと話しています。

取得方法はオンライン手続で、手数料(現在10,000ウォンの予定)を支払い申請します。
旅行会社でも発行してもらうことはできますが、手数料が上乗せされる見込みです。
通常、韓国への入国はビザが必要ありませんが、入国書類の記入は必要になるので、入国時間を短縮したい人にはおすすめの電子旅行許可(ETA)です。

2021/04/30 19:10






ワウソウルのパートナーを見る


関連記事

最新記事

ワウネタ海外生活の最新記事
主なサービス

予約サービス

会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約
韓国とソウルの韓国旅行、韓国観光情報ならwowSeoul
Copyright(C) 2004-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.