ソウルのおすすめ観光スポット | 韓国旅行・韓国観光ならワウソウル

ワウソウル特選!弘大・延南洞のおすすめスポット パート2!

日に日に厳しい寒さが増してくる韓国・ソウルの街。楽しい韓国旅行のためには体調管理に気をつけ、寒さとうまく向き合いながら、いかに充実した計画を立てるかが重要となってきます。先週に引き続き、今週もワウソウルがお届けするのは、今韓国でホットなエリアとして知られる弘大・延南洞(ヨンナムドン)。小さいエリアながらも、おしゃれなお店、美味しいご飯やさんが多く集まっていることで知られています。散策を楽しみながら、あなただけの冬アイテムをゲットしてみてくださいね!

弘大・延南洞エリアは、地下鉄2号線「弘大入口(ホンデイック)駅」から徒歩10分ほどの場所から広がっています。これまでの弘大観光は駅周辺か弘益(ホンイク)大学周辺が主流と思われていましたが、少し足を伸ばしたところにこんな素敵なスポットがあるということを知っていただきたいです。ただし、まだ観光地として開発が進んだ地域ではないため、日本語が通じにくいお店が多いことをお伝えしておきます。

ウンナビ工房

ひとつひとつ丁寧に作られるオリジナルアクセサリーのお店

「ウンナビ工房」は延南洞(ヨンナムドン)の街に溶け込んだ、キュートなアクセサリーショップ。面積のほとんどが工房として使用され、お店になっている部分はわずか3分の1のスペースという小ささ。ショーウィンドーを覗けば商品を見渡せるほどですが、このすべてがこちらで手作りされたものだといいます。主に天然石やシルバーを使用したこれらのアクセサリーは、1万ウォン台から販売されていて購入しやすいものも多く、また他のアクセサリーショップでは手に入らない商品ばかりなので、個性を生かしたい方にぴったり。

1st4pril

革工芸とインテリアをもっと身近に感じられるお店

延南洞の街にひっそりとたたずむ一軒のお店「1st4pril(ファーストエイプリル)」。とてもとても小さなお店でありながらも、ここでは乙女心をくすぐる多様なアイテムに出会うことができます。おもに、手作りの革工芸品とちょっとしたインテリアによく似合うキャンドルなどが販売されていて、その多くが注文を受けてから製作されるとのことですが、希望であれば1日体験として革工芸とソイキャンドル作りに挑戦することもできます。

dumbtime

外出もOK!?おしゃれルームウェアでリラックス

延南洞にあるルームウェアの専門ブランド「dumbtime」。ここで取り扱われている商品は、ルームウェアでありつつも外出もOK!おしゃれに着こなすことのできるこだわりのデザインが特徴的です。デザイン、素材選び、出庫にいたる過程を独自に行うこのブランドのコンセプトは「ラクで動きやすく、旅行にも持っていきたくなるような普段着」。だからこそ、綿100%にこだわったやさしい肌触りのウェアが生まれるのです。コートなどの場合は、布団と同じような質感を大切にしているそうで、敏感肌の方でも安心して着られます。

BENVENUTO

掘り出し物を見つけよう!ビンテージ衣料・雑貨のお店

延南洞のホットプレイスとも呼べるビンテージショップ「BENVENUTO(ベンベヌット)」。日本・イタリア・ロンドンなどから仕入れてくるという、希少価値の高いファッションアイテムを取り扱うお店です。流行に左右されることない、こだわりのファッションセンスをお持ちの方には、ぜひおすすめしたいお店。毎週月曜日には新作が入荷されるので訪れる度に新しいアイテムに出会えるのが嬉しい反面、気に入ったものは即刻購入しないと、後悔することも!また、毎月最終週には大幅割引セールが開催されるため、こちらにも注目!

putiikkia

日本人ママが営むヨーロッパスタイルブティック

延南洞の一角にある、ブティック「putiikkia(ピュティキア)」。ヨーロッパスタイルのアイテムが可愛いお店として人気を集めています。センスよくディスプレイされるのは、海外の有名子ども服ブランドやオーガニック製品の数々。ドイツ人の旦那さまと小さな娘さんと韓国で暮らす日本人ママが営む、可愛らしいお店です。

主なサービス

予約サービス

会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約
韓国とソウルの韓国旅行、韓国観光情報ならwowSeoul
Copyright(C) 2004-2017 AISE Inc. All Rights Reserved.