ソウルで食べられる日本料理のお店 | 韓国旅行・韓国観光ならワウソウル

ソウルで食べられる日本料理のお店特集!

旧正月も終わり、普段の姿を取り戻した韓国の街。この間、韓国に滞在されていた日本人の方々にとっては故郷が恋しい数日となったことでしょう。そこで、今週ワウソウルがご紹介するのはずばり「ソウルで食べられる日本料理のお店」!近年、増えつつある日本料理のお店のなかでもワウソウルスタッフのとっておきをピックアップしてお伝えします。韓国に滞在中の日本人の方はもちろん、旅行でお越しの方も、ソウルで食べられる日本食にぜひ注目してみてください!

東京うどん

安くて美味しい本格うどんの専門店。

安い!早い!美味しい!を実現したうどんのお店、その名も「東京うどん」。関東風の濃い出汁に、太くコシのある麺が特徴的なこのお店は、並んででも食べたいとされる有名店です。ボリュームたっぷりのエビ天をはじめ、日本では見かけることのない珍しい練り物のトッピングも自慢です。うどんのほか、日本風のカレーも人気で、食事を簡単に済ませたい方にはイチオシしたいお店です。

漢城文庫

ソウルで博多ラーメンを味わおう!

韓国人にも人気の高い日本のラーメン。しかし、インスタントラーメンが主流の韓国では、なかなかその味に近付けるのは難しく、ラーメン好きの日本人の方にとっては少々辛い韓国での生活。そこで紹介したいのがこちらの「漢城文庫」。本場博多の豚骨ラーメンをそのまま楽しむことのできるお店です。スープ、麺はもちろんのことチャーシューにまでしっかりこだわった漢城文庫は、カロスキルを訪れたら必ず立ち寄りたいお店です。

ヌハの森

日本の家庭料理が食べられるお店。

韓国人のご主人と日本人の奥さまが2人で運営する日本式家庭料理のお店「ヌハの森」。毎週月曜日にメニューが替わるランチプレートは一食完食しても500キロカロリー以内と、訪れる人の健康を考えたヘルシーメニューが自慢。日本食を作ろう!肩に力を入れず、冷蔵庫にあるものでチャチャっと作るような本当の家庭料理に近い味わいを目標にしているといいます。夜はバーに早変わりするヌハの森は、1日の終わりに訪れてもGOOD!

ウリチプ

日本風のトンカツとうどんが美味しいお店。

“私の家”という意味を持つ「ウリチプ」は、ご夫婦が2人で営むこぢんまりとした家庭料理の専門店。今や韓国でもポピュラーになったトンカツも、ここでなら「カツとじ」で食べることができます。関西だし風味のうどんとセットになった「トンカツナベ」を食べると、気分はもう日本!景福宮のお膝元、魅力たっぷりの街、西村(ソチョン)の隠れ家ともいえるお店です。

10月の味

日本の味が生きるフュージョン料理のお店。

日本で料理の専門学校を卒業した兄弟が営むお店「10月の味」。多くの日本人学生が通う、梨花女子大学(語学堂)がそばにあることから、故郷の味が恋しい学生たちからも熱い支持を得ているといいます。日本食を韓国人でも食べやすいようにアレンジしたフュージョンメニューがこのお店の人気で、他店ではなかなか食べることのできない“ソースもん”料理が楽しめるのが魅力です。

主なサービス

予約サービス

会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約
韓国とソウルの韓国旅行、韓国観光情報ならwowSeoul
Copyright(C) 2004-2017 AISE Inc. All Rights Reserved.