ワウソウル | 韓国旅行・韓国観光ならワウソウル

日本とは全然違う、これが韓国の結婚式!【韓国】

恋に落ちた2人が多くの人々の祝福のなかで、永遠の愛を誓い合う「結婚式」。日本では入籍やフォトウェディングだけで済ませてしまうカップルが年々増えていますが、こちら韓国では、結婚式を挙げてこそ、周囲の人々に結婚したことを認めてもらうという風習が根強く残っているため、とても大事に考えられているのです。ただ、韓国の結婚式はとてもラフな雰囲気のなかで行われることが多く、知り合いであれば、遠慮なく誰でも参列できてしまう気軽さが特徴的だといえます。今回はそんな、韓国の結婚式についてのお話です。

日本では、式場などの事情にもよりますが、招待状を送って返事をもらって、参列者の人数を把握してから結婚式を行う場合がほとんどですが、最近の韓国では紙の招待状よりもインターネット上(SNSや無料メールアプリ)の電子招待状が人気!参加・不参加の事前確認よりも、できるだけ多くの人に来てもらいたいのが韓国式。

気になるご祝儀の相場は、知り合い程度であれば30,000ウォン、少々親しければ50,000ウォン。親しさのレベルや、親族関係などによって金額は高くなりますが、日本に比べればずいぶん負担は少ないです。参列者の服装も、女性は落ち着いたワンピースやシャツ、男性はスーツでカッチリ決めなくてもキレイ目ファッションでOK!スニーカーで参列する男性も多いことにカルチャーショック!

式場に到着すると、受付で新郎新婦のどちらの友人かを伝え、ご祝儀を出すと食券が貰えます。受付の方が「何名ですか?」と聞いてくるので、同行者の人数を伝えるとその数だけ食券が貰えます。



結婚式が始まる前に食券を持って「披露宴会場」で食事を済ませても良いですし、式の後に食べにいっても良いです。大体は、式の前は新婦が待機している部屋で写真撮影などを楽しむ時間に充てる人が多いです。結婚式が始まる前にドレスアップした新婦を見れちゃうことにまたカルチャーショック!この間、新郎は受付の前に立って、来てくれた人々に挨拶をしています。

時間になると結婚式が始まります。式場のドアがパッと開いて、おごそかに・・・という雰囲気とは程遠く、まだ参列者が着席していなくても(立ち見の人もいる)、式が始まります。両家のお母さん、新郎、新婦&新婦のお父さんの順序で入場してきます。牧師さんの挨拶、誓い、指輪交換、両家の両親へ挨拶の流れに加え「チュッカ(祝歌)」といって、歌の披露がされることが多いです。実際に歌手を招いて行う場合や、新郎自身が歌う場合も。トータルして結婚式は30分以内に終わります。




その後、親族、友人たちとの団体写真の時間が設けられます。誰が参列してくれたかを知るためにも、この写真撮影が結婚式のなかでもっとも重要な時間だとも言われています。また、ブーケトスですが、韓国では誰が受け取るか事前に決まっていて、その人に向かって投げる瞬間をカメラマンが撮影します。上手にキャッチできなかった場合は、何度かやり直しをすることも。カルチャーショックすぎます!

撮影が終わると、新郎新婦は韓服に着替え、親族だけで韓国伝統の婚姻儀礼を別室で行います。こちらも希望すると見学ができますが、大体の人は「披露宴会場」でビュッフェを楽しんでいます。婚姻儀礼が終わった新郎新婦は披露宴会場に向かい、またあらためて参列者に挨拶をする場合が多いです。




披露宴会場の様子です。



ビュッフェスタイルが一般的。





結婚式の定番メニューは「ククス(にゅうめん)」。
ククスの麺のように、長く幸せにという意味が込められています。

ここまでが、一般的な韓国の結婚式です。日本のものとは異なる部分が多いので、もし参列される予定のある方、急にお呼ばれした方は、知っておくと戸惑わずに楽しむことができるでしょう。

2015/06/13 13:00

ワウソウルのパートナーを見る


最新記事

海外生活ワウネタの最新記事
主なサービス

予約サービス

会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約
韓国とソウルの韓国旅行、韓国観光情報ならwowSeoul
Copyright(C) 2004-2017 AISE Inc. All Rights Reserved.