韓国・ソウルのコラムならワウソウルへ

~スタッフコラムNO.3~「格安パックの韓国旅行」

ワウソウルスタッフコラム、第3回目の本日は、大学時代に体験した「格安韓国ツアー」のお話。

無事に韓国語が学べる大学へ進学した私は、同じく韓国に興味を持ち、旅行にも行ってみたい!という学友に出会いました。のちに彼女は、韓国留学を経て、韓国の大学院へと進学することになりますが、女2人の韓国旅行は互いにこの時がはじめてでした。

韓国旅行に行く!と心を決めてからは、2人でチラシやインターネットの広告を見ながら“安く、自由のきく”ツアーを片っ端から調べるようになりました。結果的には、彼女がみつけてくれた「激安おまかせフリープラン」的なもので行くことに決めたのですが、その内容とはこういったものでした。

1.「旅行代金には往復の飛行機代と2泊のホテル代が含まれる」
2.「飛行機の便と宿泊するホテルは2,3日前にならないとわからない」
3.「もしも、復路の飛行機が早朝のものであってもキムチセンター(お土産店)には行くこと」
4.「旅程はすべてフリープラン、空港~ホテルの送迎つき」

特徴としては、このようなものであったことを記憶しています。
ツアー料金は破格の3万円台。時期は夏休み期間中で、お盆前だったと思います。
飛行機の時間(航空会社)や宿泊先が事前にわからないことに不安を覚えながら、実際に2,3日前になってやっと、旅行会社の方から連絡をいただきました。

ホテルは、乙支路(ウルチロ)にある「ベストウェスタンプレミア国都ホテル」と、学生の私たちにはもったいないほどのホテルが指定されましたが、飛行機の時間がまさに、自分たちの意思では選ばないであろう微妙な時間帯で、復路は早朝9時頃の便。航空会社はLCC航空として有名な「済州航空」でした(現在はよく利用させていただいてます^^)。

当日は朝4時起きでチェックアウトを済ませ、約束通り、キムチセンターに寄ってから空港に向かうという流れでした。ホテルにお迎えのバスが来るのでその時間に遅れないよう準備をしたのはいいものの、周辺のホテルに宿泊していた他のツアー客を全員ピックアップしてから運行を開始するものだったうえに、私たちが宿泊したホテルがスタート時点だったようで、次々と遅れて乗車してくる人々に少々のイライラを覚えながら、眠たい目をこすりこすり、一行はキムチセンターに向かいました。
寝起きに、朝食も食べていなかった私たちにとって、どんどん勧められるキムチの試食は辛いものがありました。あそこのセンターは24時間営業なのでしょうか・・・スタッフのおばさま方がとても生き生きしていらっしゃいました。しかし、残念ながらキムチを購入している人はほとんどいませんでした。




この旅行でのプランはすべてフリーだったため、時間に縛られることなくショッピングや食事を満喫できたのはなによりも良かったです。
しかし、今でも覚えているのが明洞(ミョンドン)のある屋台でトッポッキを食べた時のこと。
1人前を注文したのですが、横で同じものを注文した韓国人カップルよりも明らかに量が少なかったのです。
もちろん、それだけで満足することはなく、近くに見えたファーストフード店(韓国料理も多数置いてあるお店)で、リベンジのトッポッキを食べました。同じ値段でものすごく量があったので気分は晴れましたが、あれ以来、明洞の屋台でトッポッキは食べなくなりました。串にささったハッパー(練り物を揚げたもの)やソーセージとは違い、おばさんの目分量で量が決まるトッポッキやスンデ(腸詰)にはちょっとした細工が加えられることがあるので悔しい思いをすることも!
こんな時は「トッポッキ イリンブン!マーニ チュセヨ!(トッポッキ1人前、いっぱいください!)」と声高らかにして言ってみるのが良いでしょう。「イインブンガットゥン イリンブン チュセヨ!(2人前ぐらいの1人前ください!)」これも結構、使えます!

このように、コミュニケーションを楽しみながら、損をしない韓国旅行をお楽しみいただければ、と思います。

それでは今日もいちにち、楽しい旅をお過ごしください!



2015/01/09 16:08:40 入力


ソウルのコラム
~スタッフコラムno.156~バナナに続いて今度は抹茶がきた!?新チョコパイはこれだ!

~スタッフコラムno.155~ソウルからもっとも近い天然温泉スパリゾート“テルメデン”

~スタッフコラムno.154~親切!丁寧!今までのサムギョプサルを忘れるほどの美味!

~スタッフコラムno.153~外国人旅行者にも人気の“バナナ牛乳”がカフェになって登場!

~スタッフコラムno.152~韓国のフードコートごはんをご紹介♪

ソウルのコラム一覧
主なサービス

予約サービス

会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約
韓国とソウルの韓国旅行、韓国観光情報ならwowSeoul
Copyright(C) 2004-2018 AISE Inc. All Rights Reserved.